うさぎのおやつと餌について

今日はうちの華ちゃんとハルちゃんのおやつのお話です。
ウサギさんのおやつは、世の中にはいろいろ出回っておりますが、
ワタクシがよくあげるのは、もっぱら、野菜か果物です。

近くの大丸ピーコックの果物の詰め合わせパック。
これだけ入って、298円。
高い気もするけど、うちの子たちはイチゴが大好きだし、
ま、たまにはいいです。
イチゴ以外はワタクシが食べますし。
c0157149_0183973.jpg

買うときにはいつも、ハル、華ちゃん、私の分、
最低3つはイチゴが入っていることを確認します。
でも、3つしか入っていないときは、
私はイチゴが一個しか食べれないのですが。

c0157149_0293997.jpg

初めて華ちゃんにイチゴをあげたときは、狂ったように喜んでおりまして、
顔中イチゴの汁でズブズブになりながら食べていました。
そんなに好きなら、たまに買ってきてあげるわ 
ということでイチゴをあげるようになったのです。
パイナップルは安いのでよく買うのですが、
あげても、イチゴほどには喜んでくれません。
これは、ハルも同じなんですよね。
c0157149_0295483.jpg


最近、診察をしていると、肥満のウサギさんをよくみます。
おなかのレントゲン写真を撮ると、
脂肪で内臓が下半分に押し下げられています。
背中側になければならない、腎臓が、おなかの真ん中まで押し下げられ、
直腸は、脂肪に押し下げられているため、
おなかの一番下から肛門まで伸び上がっているようになっているのです。
こんな説明では、わかりにくいと思いますが。。
これじゃ~、食欲もおちるわ。

どんな餌や、おやつをあげているのかと聞くと、
牧草をほとんど食べなくて、ペレットしか食べない とか、
おやつは、朝、昼、晩に、クッキーを一つずつとバナナチップ一枚とか、
かなり、食餌中のおやつやペレットの割合が多いのです。
そういうウサギさんに限って、歯の病気や、胃腸が動かなくなる病気に
なっていることが多いです。
かわいくて、せがまれると、ついついあげてしまう。
そういう気持ちもわからなくもないですが、
確実に、寿命が短くなっております。
餌を改善しないと、
治るもんも、なおらんわい。

と、常々感じております。。。

華ちゃんたちのおやつは、主に果物ですが、
果物を買わなかったときにはバナナチップを1枚です。
果物も、あげるとしても一切れ。
ハルちゃんは、体が大きいので、華ちゃんの倍はあげていますが。

おやつのクッキーも買ってありますが、
ミールやマールのことがあるので、ほとんどあげていません。
乾燥野菜のおやつも買ってありますが、何ヶ月もなくなりません。
おやつは、本当に気が向いたときくらいしかあげてませんです。。
その代わり、牧草はおいしそうなのを山盛りたくさんあげております。
c0157149_1314563.jpg

このとき、バナナチップ3枚とられました。。。

この間、13歳9ヶ月のネザーランドのウサギさんがきました。
私の知っているウサギさんは、最高11歳くらいだったので、
とってもびっくりしましたが、食欲が落ちているといっても、
牧草は食べているようでした。
犬や猫の寿命が延びているように、ウサギの寿命もこれから、
もっともっと、伸びてくると思います。
長寿の秘訣は、やっぱり餌の管理だと感じております。

ウサギは牧草命。
ウサギの飼い主さま、大切なかわいいウサギさんだからこそ、
おやつは控えめに、ペレットは適量(ここの調節が微妙ですが)に、
良質の牧草をもりもり食べさせてあげてくださいね。
c0157149_0584537.jpg


ちなみに、お正月中に母がイチゴを毎日のように買ってくれていたので、
最近は、あげておりません。値段が高いし。。。

今日のおやつは、小松菜とパイナップル一切れずつでした。

華ちゃん、もう少しして、安いイチゴが出始めたらまた買ってあげるからね。
by marl1120o-chan | 2008-01-18 23:53 | 華ちゃんについて
<< お留守番 猫のおもちゃ >>